みなさん、こんにちは。f-range スタッフのazuです。

この6月でようやく所持から2年。まだまだ初心者(のつもり)です。

私は射撃に出会うまではスノーボードが一番の楽しみで、シーズン中は毎週末のように雪山にでかけていました。
その後、射撃と出会い、射撃にハマっていく中で、もっと多くの人にこの射撃という趣味を知り、楽しんでもらいたいと思うようになりました。

そんな私の初めてのブログは、自己紹介を兼ねて「私が銃をもつまで」をテーマに2回に分けて投稿します。

—プロフィール—
趣味:射撃、スノボ、陶芸
好きな競技:トラップ
持っている銃:Kemen km-4, Remington M870, FX monsoon
好きなもの:果物全般、お菓子、肉、アップルパイ
最近集めているもの:DQのスライムグッズ

–射撃との出会い–

2018年の夏のある日、古峰ヶ原にいきました。
銃は海外で撃ったことはありましたが、クレー射撃を見たのはこの日が初めてでした。
初めてのクレー射撃見学で覚えているのは、射撃場ってきれい & みんなが着てるあのベストカッコ悪い!です。

その後しばらくたった12月のとある週末、シューター達の集まる飲み会でとても楽しそうに射撃のことを話す先輩たちに感化され私も射撃しよう!と決めました。

翌月曜日の朝、ものすごくドキドキしながら所轄署に電話をしアポを取り初心者講習に申込完了。
東京都の初心者講習は1ヶ月に1度ということで、1月の初心者講習に出る気満々で警察署に行ったものの、1月は満席。2月の申込みとなりました。
(警察への電話のかけ方や申込みにあたっての必要情報は、ボスが事前に教えてくれました。そうでなければ所轄にアポ無しで乗り込み担当さんがいなくて空振りしていたでしょう。。。事前情報とっても大事)

その後、ボスから初心者講習に落ちる人はいないと脅され、教えられた対策本を購入し割と真面目に勉強する日々。。。
友達と行ったスノボの宿でも夜な夜な勉強して寝落ちする日々。。。

—ついに迎えた初心者講習の日—

2019年2月某日。初心者講習、無事受かりました。
正直、細かいことは今となってはよく覚えていません。
その時の受講者は40人程度で9割の人が合格していた記憶があります。
全体のことで覚えているのは、思ったより若い人が少ないな&男性割合が多いです。

初心者講習に合格した私は翌週ウキウキしながら所轄にアポを取り、教習資格認定申請をしました。
こちらも事前にボスから、申請する際の受け答えノウハウや必要書類などについて細かくレクチャーを受けていたので、担当さんとの面談もスムーズでした。

身辺調査のために家族、会社の上司や同僚、マンションの管理人さん、ご近所の犬仲間のおばさん、実は話したこともなかったお隣さんへのご挨拶も終わらせ、あとは教習資格の認定を待つだけです。

後編へ続く…


1 Comment

私が銃を所持するまで by azu 後編 – f-range · 2021年6月12日 at 19:55

[…] 私が銃を所持するまで by azu 前編 […]

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です