スタッフたつです。

今回は、もっともショットガンぽいと思われる、ポンプアクションの魅力についてお話しいていきます。

ショットガンと聞くと、一番初めに思いつくのがガチャガチャっとスライド操作して撃ってる銃を想像するんじゃないでしょうか?

ポンプアクションは、色んなメーカーで古くから作られている、信頼性のある構造です。

イジェクションポートから弾を1発放り込んでスライドして薬室を閉鎖し、ローディングポートからさらに2発、マガジンへフル装填。

1発目を撃った後、射手が自分で操作しないと給弾、排莢しないので完全にマニュアル操作の銃といえます。
ある程度の習熟が必要ですが、法律の制限で3発しか撃てない日本においては自動銃と比べても引けを取らないでしょう。

モスバーグ500は、数あるポンプアクション銃の中で、操作性・信頼性・安全性・精度について上位に来る銃だと思います。なにせ「世界で唯一米軍の軍用規格に合格した」ポンプアクション・ショットガンですから。

理由としてエキストラクターがダブルになっており確、実に弾を排莢し何かのトラブルで一つ折れても大丈夫(両方とも折れる可能性はかなり低い)

単純な構造で部品点数が少ない(壊れる箇所が少ない)

精度は、スラッグは前回のレポート通りで、クレーについてもパターンがよくトリプルもバシバシ中たります。

特にポンプアクションは、弾の入れ替え、脱砲とやりやすく何回も弾を出し入れする狩猟フィールドでも使いやすく、発砲直前に給弾して静かに装填する事が出来ます。

弾を薬室から抜くときは、あるポジションまでスライドさせると、モスバーグ500はボルトとエレベーターが連動してるおかげで、そのポジションがとてもわかりやすいのです。

初心者からベテランまで幅広く楽しんでもらえる銃になってます。
(お買い求めしやすい価格だからといって、決して初心者向けという訳ではないのです)

当店でお買い求め下さる場合は、マガジンチューブ内のカチャカチャ音対策やトリガーの切れ等、当店独自の f-range ファインチューニング STAGE1を施工した状態にて納品致します。

問い合わせボタン


0 Comments

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です