皆さんこんにちは。スタッフのたつです。

前回のブログ「モスバーグ500のカチャカチャ音を解消」では、マガジンチューブ内のカチャカチャ音の解消方法について書きました。今回から何回かに分けて、モスバーグ500の操作性や使いやすさ、オススメのポイントについてシリーズでブログを書いていこうと思います。

皆さんにお伝えしたいモスバーグ500の魅力はたくさんあります。
シリーズ初回はまず、ローディングについてです。

ポンプアクションの銃であるモスバーグ500は、ボルトとエレベーターが連動しており、フォアエンドを操作するたびにエレーベーターが上下に動きます。

ボルト開放時にはエレベーターがローディングポートを塞ぎエジェクションポートに給弾しやすくなっています。また、エキストラクターがダブルで装備されているため、万が一モスバーグ500を使用中にエキストラクターが一本折れても排莢することができます。

動作は、かっちりしていて安心感があり、確実な次弾装填できるようになっています。

閉鎖時エレーベーターは、ボルトと連動して上方にロックされるため、ローディングポートが大きく口を開けます。これにより、マガジンチューブへの給弾の時にエレベーターは邪魔をしなくなります。

日本の猟期は寒い時期なので、猟の際は手袋をしている方も多いと思います。ローディングポートのエレベーターが毎回閉まるタイプの銃だと、ここに手袋がひっかかったり、もしくは指を挟んで怪我をするといった経験をした人もいるかも知れません。でも、モスバーグ500ならマガジンチューブに弾を込めるときは、ローディングボートのエレベーターは開いているので、そんな心配はありません。

試してみたところ、かなり厚手の手袋で引っかかることなく、しっかり給弾できました。

クレー射撃でも狩猟でも給弾のしやすさは、絶対的なアドバンテージですよね。

次回も引き続きモスバーグ500の魅力についてお届けします!

モスバーグ500購入はこちらから


0 Comments

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です